メインイメージ画像

内装工事が意外とかかる!

色々な設備を揃えることが絶対となる歯科開業ですが、その費用がどのぐらいかかるか気がかりなことではないかと予測します。地区により費用に差はあると予想しますが、最初にかかる費用は、想像がつくと思われます。
まず、治療用の椅子、検査機械など施術を行うために必須な設備がおよそ1500万かかるでしょう。思ったより費用がかかるのは内装工事と言えます。通常の内装工事と相違し、ややこしい配管工事を条件とするのでどうしても高額になると言えます。これら内装整備歯科開業時の広告費、その他使い切り品を含めて、初期費用だけで3000万ぐらいは覚悟した方がよいと言えます。


その他にも建物代等にかかる費用も覚悟する必要があります。

たくさんのお金があれば、開業を考えるにあたり、新築物件を購入することを推薦します。
一からあなたの夢の病院を建立できる新築は、あなたの理想とする医院の形態を表すことが可能ですが土地・建物・医療設備等みんな準備する必要が生じるので当初投資費用がとても高額になると思われます。営業前の経営計画が甘かったり、地理的条件が悪かったりすると、閉業に追い込まれてしまう可能性が大きくなってしまうと考えます。とても高い資金を必要とするので、患者が集まらないのでと言う理由ですぐに移転できない可能性も持つと思われます。


しかし、その一方地区に根付いた診察が可能だという長所もあると言えます。いずれにしても新築にも地理条件がすごく関わります。

なるべく少ない額で開業したいと願っている人は多いのではないかと思います。そのような方におすすめなのが居抜き物件だと考えます。
居抜き物件は、いずれかの理由で設備などをそのままで販売されたもので、設備をそのまま使えるという長所があります。

内装など手直しが必要な時もあるのですが、新しく建物を用意する点を考慮すれば非常に低価格ですむと言えます。
ですが、その前の医院の評判の低かった時には注意が絶対となるでしょう。異なる分野の時にはよいと思われますが、同様の医療であった時、よい評判になるには時間が必須です。居抜き物件の場合、近辺の人から評判を聞くことをすすめます。不動産会社は悪い評判は教えないと思われます。

更新情報